キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 取れない匂いはリフォームするしか方法はありません : 気になる特殊清掃の事

取れない匂いはリフォームするしか方法はありません

気になる特殊清掃の事

気になる特殊清掃の事main画像

壁や床に染み込んだ腐敗臭はなかなか取れません。特殊清掃ではリフォームが最善の手段になる場合も多々あります。

取れない匂いはリフォームするしか方法はありません

特殊清掃で最も重要なのが…、「消臭作業」だと言われています。

通常の掃除であれば、見た目が綺麗になればそれでOKなのですが、特殊清掃の場合は見た目が綺麗になっても、匂いが残るケースは少なくないのです。

特殊清掃の現場では、それこそ見えないレベルで匂いが残り、完全に消臭したつもりでも時とともにまた匂いがぶり返すことも有ります。

そういったことも有り、特殊清掃を依頼する際に先ずチェックして欲しいのは、消臭対策はどのようになっているのか?という点でしょう。

特殊清掃の消臭対策としては、薬剤による消臭と、オゾン脱臭機を用いた消臭、この二つが不可欠になります。

そしてそれでも完全に消臭しきれないという場合には、リフォームを行わなければどうにもありません…。

例えば床や壁に汚染物が新見込んでしまった場合は、どんなに清掃しても、どんなに消臭しても、完全除去は難しく、結局のところ、そこだけ新品に変えてしまう他、対処法はないのです。

特殊清掃のリフォームでは、基本的に汚染された箇所のみを取り替えます。

通常のリフォームのように床や壁を全部張り替えるということはありません。

リフォームというとどうしてもその費用が気になってしまいますが…、特殊清掃のリフォームの場合はあくまで依頼主の意向に沿った形で、最低限の内容でリフォームが行われます。

とは言え、特殊清掃業者の中には、不用意なリフォームをすることで、清掃費用を割高に請求する不届き者もいるようなので、リフォームを行う場合には、作業内容とその費用をしっかり確認することをオススメします。

関連記事紹介:隣人の孤独死、死臭について。